店主からのご挨拶

いつもご愛顧いただきありがとうございます。
当店とんかつ甘辛カレー「Coltrane 」は大阪カレー文化の中での欧風甘辛カレーがベースになっております。
現在では「大阪スパイスカレー」は、多くの方々に認知されここ数年で驚くほどの進化し、日本中に増殖拡散しております。
我々が大阪アメリカ村の四ツ橋通りでスパイスカレーの店「カオススパイスダイナー」を開店した当時は、 まだコアなファンの皆様に支えられたマニアックなカレースタイルでした。
同じよなスタイルで営業しているスパイスカレー店はまだ大阪でも数店舗しかなく、 それもお昼の数時間だけ開け、売り切れ御免、店主も皆 趣味・カレーマニアのような人たちばかりでした。 それも今や懐かしいです。
カオスでは当初より毎週2品目のカレーが週替わりになっております。常に変化・チャレンジしながら調理人の 自由な発想、勘と迅速な判断によって、数百種類のスパイスカレーを発信し続けております。
現在では店舗も3店舗に増え、それぞれでボーダレスなカレーを提供させていただいております。

前置きが少し長くなりましたが、当店とんかつ甘辛カレー「Coltrane」についてお話させていただきます。
京都 木屋町 高瀬川沿いに当店をオープン致しました。ここは60年近く営業されておりましたJAZZ喫茶の跡地である二階建ての 建物そのまま使用させていたいております。
情愛深い御夫婦がご近所常連様、会社員、学生、芸妓さん達に愛され、長い年月運営されていた場所になります。
大切にされていたビンテージなJAZZレコードも数多く譲り受け、大事にお手入れなさっていた箱庭もそのまま利用させていただき、レコードは店内に数点飾らせていただきました。
BGMはJAZZボーカルが流れ、店名の「Coltrane」はお分かりいただけるようにテナーサックス奏者で数々の名盤を残したJAZZの巨星[JOHN COLTRANE] からいただきました。

我々は常に変化し、独自進化するカレー店を運営継続してきました。 しかしそれと同時に、いつ行っても安定した味と安心魅了される、老若男女問わず満足感たっぷりのカレー店、明日も数か月後、数年経って食しても変わらぬ味、 記憶がよみがえるようなカレー店に、反面強い憧れがありました。
そこで大阪カレーの文化的甘辛味、フルーツの甘味、牛肉の旨味、得意な多種多様なスパイス、香りと辛味が広がる当店独自のアレンジで甘辛カレーを完成させました。
そして従来のお店にはなかった、とんかつをメイン食材にしたとんかつ甘辛カレーを提供できることになりました。
とんかつはとんかつ専門店レベルの三元豚を肉厚でカラッと揚げ、ヘレ・ロースの二種類の部位でオーダーできるようにしております。
ガッツリと満足感一杯の一皿になったと自負しております。メニューもできるだけシンプルに、プライス設定もご満足いけると考えております。

ご来店のおり、まだまだご不満なところ多々あると思います。 一皿にも更に改善・安定さす要綱もまだ力足らずなところもありますが、皆様の思い出の味、変わらぬ味、満足一杯の味を目指し今後も日々研鑚に努めてまいります。 Coltrane 店主

Back